重要なお知らせエリアを非表示

炭火焙煎 森の詩

スライドタイトルなし
スライドサブタイトルなし

炭火焙煎 森の詩

地球といのちが 響き合う珈琲

森の詩では、自然の循環の中で育った豆を
その本来の美味しさを引き出すため手作業を大切にしながら、自然のエネルギー源を利用した独自の方法で焙煎しております。
すべてにおいて、地球環境に優しいものは
人の身体にも心にも優しく沁み渡ってゆきます。
一杯の珈琲から
地球といのちに喜びが生まれてゆく...そんな珈琲をお届けしたいと思っています。


珈琲豆・焙煎方法

  • 珈琲豆について

    原種の野生豆・森林農法の豆
    森の詩では「森林農法で自然栽培された豆」と「原生林で自生した原種の野生豆」の二種類を扱っています。
    自然環境に優しく、多様性のある森の中で伸び伸びと育った豆をひとつひとつ丁寧に手摘みされ、正当な価格でフェアトレードされています。
  • 蒸し焼き

    熱を閉じ込め、蒸気熱で焙煎
    生豆を浸水した後に蒸し焼きにし、最後に焙煎をしています。
    蒸し焼きにすることで、内部に含まれている水分が蒸発し、豆の奥まで熱が行き渡ることでふっくらとしたやわらかい珈琲を味わうことができます。
  • 炭火焙煎

    信州の間伐材の白炭で焙煎
    森の詩では「間伐材の白炭」「溶岩石」「三河の黒七輪」「銅の手廻し焙煎機」で時間をかけて少量ずつ焙煎をしております。
    白炭、溶岩石、七輪によって赤外線量が大幅に増えることで豆の奥までしっかりと熱を通します。
    こうして苦味のない、それでいて奥深いまろやかな珈琲豆が生まれていきます。

道具

白炭

信州の炭焼き職人が焼いた間伐材の白炭
白炭の製法は備長炭と同様、木材を炭化させた木炭の中から高温で焼成し、窯の外へ掻き出し素灰を掛けて急冷させ、消火して出来ています。
また、森の詩で扱う白炭は炭作りのために伐採した木材ではなく、間伐材の炭になります。
白炭を使う理由のひとつは、自然なエネルギー源であり、熱の質がガスとは違い炭自体が発熱して燃えるため、赤外線量が非常に多いためです。

銅の焙煎機

職人が作る二重構造の銅の焙煎機
二重構造の銅の焙煎機を使用しております。
銅は熱伝導率が高く、そのうえ二重構造のため、表面を焦がすことなく、豆の奥までしっかりと焙煎をすることができます。

黒七輪

職人が作る三河の土を使った黒七輪
黒七輪を作られているのは、日本で唯一「杉松製陶」のみと、貴重な七輪になります。
三河の土、黒七輪は七輪の素材として有名な「珪藻土」でコーティングされています。
そのため、保温性が高く、熱とともに赤外線を十分に放射します。三河地方は、江戸時代から続く「三州瓦」の産地として知られています。
この地方には焼き物に適した粘土が多く産出し、瓦以外にも多くの焼き物が作られてきました。
また、特徴的なこの黒い色は、三河の土に炭を塗って乾かし、それを那智黒石でぴかぴかに磨き上げています。

森のお便り