炭火焙煎 森の詩

2021/12/29 20:56



2023年、草花がゆっくりとほころび始める季節に

南信州の伊那谷で「喫茶  森の詩」が誕生します。

「木・土・石」を使い、伝統構法の木造建築で

建てる喫茶店は時間を掛け、丁寧に創られます。


本物の伝統構法はガラス以外、全て土に還る素材となります。

約30年〜50年程の寿命と言われる現代建築(在来工法)に比べ、

手入れ次第で100年も200年も住む事ができる、

次の世代まで考えられた建築になります。



長野市の七ニ会という地域に、妻の祖母が住んでいた

築約100年の茅葺屋根の古民家があります。

山々に囲まれ、朝晩には雲海が広がる美しい場所です。



空き家になって10年。

妻の思いもあり、そのままでは朽ちてしまう家を解体し

その木材や土達を喫茶店と住居に使い

この世に再び生を受ける事になります。

現場では、職人と解体業者の素晴らしい連携が自然と生まれ、

人の手と重機によって

一本、また一本と大切に梁や柱が外されてゆきました。




"時の流れ"が宿った材たちは美しく立派で

今ではなかなか出会えない貴重なものばかり。

これらは来年4月から着工予定の喫茶店に使われ、

新しい生命が吹き込まれます。




時代を越えて自然を守り、

受け継がれてきた伝統、文化、そして精神。

戦後から今に至るまで

気付かないうちに失われゆく世界だからこそ

守ってゆきたいと心から思います。

地球に生きる、すべての生命のために。