森 の 詩

2021/12/24 14:30



有機JASに基づく有機栽培は農薬・化学肥料・除草剤などを3年間以上使用していない田畑で収穫したもので、遺伝子組み換えの種子や種苗も使われていないものになります。

農薬や化学肥料に限らず、除草剤は75項目以上の殺虫剤類が使われ、その成分は土壌に残るだけでなく微生物が死んで、土をコンクリートの様に硬くしてゆきます。

そして、硬くなった土は水や雨水を蓄えられなくなり、洪水となって海に流れていきます。海に流れた水は海や魚を汚染するだけでなく、こうした水や成分を私たちは日常の中で微量ですが飲んでいます。

有機・無農薬栽培は環境や健康に負荷を掛けないだけでなく、微生物の働きを生かし、土をやわらかくしていきます。

化学肥料から有機肥料のみに移行すると、生産量は半減すると言われています。

そのため、コーヒーを生産している多くの有機農家の収益は普通の一般のコーヒーに比べ、少ないといわれています。