2020/05/02 11:04



中南米にコーヒーが持ち込まれる前から、先住民の伝統文化のひとつとして森林農法が営まれていました。

コーヒー豆栽培の多くは森林を伐採した、大規模な農場で栽培されるプランテーション(単一作物を大量に栽培する大規模農園)で行われています。


森林農法とは

森林農法はコーヒーの木に限らず、様々な木が植えられています。

森林を伐採せず焼畑もせず、土壌の微生物や動植物が存在する森に種を蒔き、作物を育てる農法です。


様々な恵み

森に点在するオールスパイス、アボカド、バナナ、かんきつ類などの樹木は、直射日光が苦手なコーヒーの木に陰を落とし、バナナの落ち葉は土に返る事で肥料となります。

そこでは食料、薬、木材、飼料、燃料、樹脂など多くの種類の恵みを得る事ができます。

コーヒーの収穫が不安定な時も、他の作物を自家消費や販売用として提供され、生産者は安定して暮らしていくことができます。


生物多様性

また、森林農法の森には、数十種類から数百種類の鳥類が見られ、害虫の天敵となる虫も存在します。

こうした生物多様性が豊かな場所では、全体のバランスがとれるため、農薬や化学肥料を使わずに有機栽培ができます。


有機・無農薬栽培をはじめとする、森林農法や自生したコーヒー豆などを選んでいくことは地球温暖化防止、生物多様性の保護、また、森をまもり、森をつくることにも繋がっていきます。