炭火焙煎 森の詩

2021/09/25 12:50



森の詩では白炭以外にも富士山の溶岩石を使い、焙煎をしております。

溶岩石は噴火して地上に出たマグマが冷えて固まった岩石になります。

溶岩石は白炭同様、熱を加えることで非常に多くの赤外線が放射されるだけでなく、蓄熱性の高い優れた石になります。



溶岩にはミネラルが豊富に含まれ、ミネラル分、マイナスイオン、赤外線が空気中にも放出されるため、低温でも物質全体(珈琲豆)を温めていきます。

白炭と一緒に溶岩石を加えることで赤外線量は大幅に増え、表面の焼きを抑えながら深部へ熱を加え、よりやわらかな珈琲豆が生まれていきます。